日の丸交通株式会社 | タクシー転職の面接ガイド

もし日の丸交通にタクシードライバーとして働くのであれば

日の丸交通でタクシードライバーとして働く場合は、面接に向けてきちんとした対策を行うことが大事です。接客応対のセンスが求められるので、そこは理解しておきましょう。ノウハウ等は働いてからでも身に付けることが可能です。


稼ぐ技術よりも人格をアピールすること

経験者はもちろん、未経験者の人ならなおのこと、日の丸交通でタクシードライバーとして働くなら、面接を受ける前に対策する必要があるといえます。経験者はノウハウがあると言うことで油断してしまいがちですが、ノウハウよりも接客応対の力が重要視されるということを覚えておきたいところです。確かに売り上げを上げるスキルというのは求められるでしょう。しかし、それは日の丸交通で学ぶことができますし、研修内容も充実しているので、初心者でも安心してスキルアップが望めます。なので、会社側としては、まずその人が人格者かどうかと言うのを見るのが普通です。

やる気があり素直な気持ちで接すれば大丈夫

日の丸交通でどうしても働きたい、そしてタクシードライバーとして成功したいと言う気持ちをそのままぶつければ、問題ないです。小細工せず素直にアタックすれば大丈夫なので、あまり緊張せずに、自然体でトライしましょう。タクシー業界は日の丸交通を含めて、高年齢化が進んでいます。なので、若年層は未経験でも合格率が高いという事実もあるはずです。もちろん、年齢を重ねている人も受け入れてくれるので、そちらはそちらで問題がないでしょう。しっかりと経験を生かすことができ、なおかつ接客応対も得意だというところを見せれば、ベテランドライバーとして即戦力で活躍できます。

効率よく対策を練るためにできること

日の丸交通の採用確率を少しでも高めるためには、効率よく面接に向けて対策を練ることだといえます。例えば、実際に日の丸交通に入ったと言う、先輩ドライバーの体験談をチェックすると、確実な答えを手に入れることが可能です。また、タクシー運転手を応援するネット上の求人サイトなどもあるので、そこにプロフィール登録した上で、定期的なアドバイスを提供してもらうのも悪くない判断だといえます。定番ですがハローワークに行き、面接に向けて対策をしてもらうと言うのも、効果的だと言えるでしょう。情熱を持ち、やる気を前面に見せることができれば、どんな人でも採用してもらえる可能性はあります。

まとめ

日の丸交通は、やりがいを感じられるタクシー会社として、ドライバーを目指すすべての人にお勧めできる会社だといえます。レベルの高いドライバーを輩出していますが、その分厳しい研修期間などを控えていますが、最初の面接もそれなりにハイレベルです。しっかりと対策をしてから臨みましょう。


公式ページはこちら

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。