タクシードライバーの面接に落ちる人のパターンとは?

タクシードライバーの面接に落ちる人のパターンとは?

タクシードライバーとして活躍するためには、まずは求人に応募し面接を受けることとなります。そして無事採用される人もあれば、採用を見送られてしまう人もあります。採用を勝ち取るためには面接対策をしっかりと行っておきましょう。

面接時は身だしなみにも注意が必要です

タクシードライバーとしての採用を勝ち取るためには、面接での受け答えに力を入れることはもちろん大切ですが、やはり身だしなみを整えておくことも大事です。タクシードライバーは運転が中心の仕事ですが、接客業でもありますので清潔な印象の人が好まれる傾向にあります。それゆえ、不潔な感じやだらしない印象を与えてしまうことは面接に落ちることにもつながります。それゆえ、当日は服装にも気を使い、髪もきれいに整えておきましょう。靴や小物類にも汚れがないかもチェックしておきます。服装は基本的にスーツスタイルです。そして、接客の際は態度が良くないとお客さんに悪い印象を与えてしまいますので礼儀正しい態度を取ること、爽やかな印象を与えることも大事です。

ドライバーとしてのやる気を示すことが大事です

タクシードライバーへの求人の応募は、経験者の人もあれば、全くの未経験で応募する人もあります。それゆえスキルや経験を積んでいる人はそれだけ有利となりますが、未経験だからといって面接で落ちるわけではありません。未経験からも採用を勝ち取るためには、ドライバーとしてのやる気や意欲を示すことが大事ですので、それを面接官に伝わるよう、しっかりとアピールすることが大事です。さらにドライバーに限らず、多くの企業では自分の長所や短所に聞いて問われることとなります。ただ良いところとそうでない部分を答えるだけではなく、それがタクシードライバーとしてプラスになる答えになるよう上手に伝えていきましょう。

前職に関する質問への対策を行おう

タクシー会社だけではなく、企業の面接では前職に関する質問が行われることが一般的です。退職をした理由も聞かれることが多いですが、この時にあまりにネガティブに答えると面接で落ちる理由となってしまいます。退職した理由がたとえ、会社や人間関係に関する不満であってもそれを口に出してしまうことはマイナスの印象を与えてしまいます。それゆえ、前職の退職理由に聞かれた場合も前向きな印象を与えることが大事ですので、受け答えへの対策はしっかりと行っておきたいところです。さらに安全な運転ができる人が求められていますので、過去に違反や事故がないかも聞かれる可能性があります。

まとめ

タクシードライバーとしての採用を得るためには面接対策はきちんと行う必要があります。接客業ということもあり、見た目の印象は大事となりますので服装や身だしなみはきちんと整えておきましょう。さらに受け答えがネガティブにならず前向きな印象を与えることも大事です。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。