自己紹介がうまくできればタクシー面接もうまくいく?

自己紹介がうまくできればタクシー面接もうまくいく?

タクシードライバーとして働くために、面接は避けては通れないものであり、採用の有無を左右することになる重要なシーンということは確かです。第一印象はかなり大切なポイントであり、自己紹介が大きく影響することになります。

自己紹介の内容と時間にについて

面接の最初に必ずと言って良いほど一番最初に言われるのが、自分自身の自己紹介をするということです。自分のことなので紹介できないわけがないと考えてしまいがちですが、いざ行うとなれば慌ててしまうケースは珍しくはありません。あらかじめ自己紹介の内容を考えるなど、しっかりと準備しておくことが必須と言えます。大体一分程度を目安にすることも大切です。あまりに長いのは良くないことは確かですが、一分間自己紹介をしようとすると、思いの外長い時間に感じるのではないでしょうか。あらかじめ準備をしておかないと、一分間は話せないので気をつけましょう。

自己紹介で必ず必要になる情報とは

面接時の自己紹介では、具体的な内容の支持はないことから、何を話せば良いかわからないと頭を悩ませてしまうのではないでしょうか。氏名や学歴といった基本的な情報を基本としておくことがポイントとなってきます。意気込みなどは時間があれば追加として一言添える程度にしておきましょう。自己紹介のタイミングで、面接のために時間を割いてもらったことに対するお礼の気持ちも一言付け加えておくと、好印象を与えることにつながります。およそ一分の中に収まるようにし、わかりやすくはっきりと大きな声で自分を紹介するように心がけましょう。

気をつけておくべきポイントとは

相手に聞き取りやすいようにハキハキと大きな声で、目を見て話すというのは基本であり、それ以外にも自己PRと混合しないようにしておくということも重要なポイントとなってきます。緊張のあまり、自分の氏名を最初に伝えることを忘れてしまうという人もいますが、氏名は自己紹介の基本であり、自分がどこの誰かということをまず伝えるのは最低限のマナーとなります。自分の正確な情報を相手にまず伝えることが大切というのはもちろんのこと、最初の自己紹介の印象が、その後の面接の印象にも繋がるということは頭に置いておくべきです。

まとめ

タクシードライバーは他人と接する機会も多い職業であり、第一印象の良し悪しをかなり重要視されることは間違いありません。自分の紹介は的確で簡潔にまとめるようにすることか、タクシードライバーへの第一歩です。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。