タクシードライバー面接に前職は関係ある?

タクシードライバー面接に前職は関係ある?

タクシードライバーの面接で良い結果を残したいなら、やる気を見せることが大事です。前職などの経験よりも人格が見られることが多いので、特に東京の大手4社などにチャレンジするときは、気をつけることをお勧めします。

やる気があるということをアピールすれば大丈夫

基本的に、タクシードライバーの面接は、性格が重視されると言えるでしょう。未経験の人材も積極的に雇っているところがあるので、やはり今までの経験よりも、人柄が重視される業界と言うことです。もちろん、前職での経験があるに越した事は無いので、タクシードライバーとして働いたことがあるなら、それを惜しみなく前に出して、アピールしていきましょう。既に普通自動車第2種免許などを取得しているのであれば、即戦力として働くことも可能です。東京のタクシー大手4社等なら、ノウハウを発揮させれば、かなりの高収入も期待できます。

接客応対力を求める会社が増えてきた

確かにノウハウを発揮させて大きく売り上げを伸ばすことも大切です。ただ、そのスキルよりも、接客業と言うところに目が行く会社が増えてきました。その結果、接客応対力のある人間が重宝されるようにもなっています。特に大手4社などで働く場合は、その会社の看板を背負って働くわけですから、当然と言えば当然です。会社では厳しい研修などもあるため、そのことを踏まえてチャレンジさせてもらいましょう。中小企業の場合は、ある程度気軽に働くことができるものの、収入は東京都内の大手などに比べれば控えめです。どちらの方が良いのかは、その人次第なので、よく考えて選ぶことが大事だといえます。

面接での採用確率を高めるために

特に今までタクシードライバーとしての経験がなく、前職のアピールができずに悩んでいると言う人はいるはずです。その時は、面接に向けての採用確率を高める工夫が大事だといえます。1人で悩んでいても結果を出すことができないと言う時は、どこかに相談に乗ってもらうのが1番だと言えるでしょう。定番となっているのはハローワークです。ハローワークにタクシードライバーになりたいと言うことを伝えて、マンツーマンでキャリアカウンセリングを受けましょう。また、タクシー求人専門サイトなどを利用すれば、詳しく転職のアドバイスをしてくれます。とても頼りになるので、いちどは利用しておきたいところです。

まとめ

タクシードライバーは、前職のスキルはもちろんですが、それと同時に人柄も求められます。どちらにせよ、面接で良い結果を残すなら、やる気を見せるのが1番重要なポイントと言えるでしょう。会社によっては未経験者でも招き入れてくれるので、働きたいと言う情熱を見せるのが結局のところ近道です。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。