タクシードライバー面接後のお礼メールの書き方

タクシードライバー面接後のお礼メールの書き方

タクシードライバーとして働くために避けて通れないのが面接であり、面接を受け内定をもらう必要があります。採用の有無に多少なりとも関係し、ビジネスマナーとして必要になってくるのが、面接後のお礼のメールではないでしょうか。

面接後のお礼のメールの必要性について

面接を受けた後には、気が緩んでしまいがちであり、お礼のメールを送り忘れてしまうという人も多いのではないでしょうか。そもそも、必ずしも送らなければならないというわけではないということは確かです。実際に送らずとも内定をもらってタクシードライバーとして働いている人も、数多く存在しています。しかし、面接官や担当者も忙しい中で予定を融通し、わざわざ自分の面接をするための時間を作っているということは確かであり、感謝の気持ちを伝える方は常識といえるのではないでしょうか。お礼を言われて嫌な気持ちになる人はいないことは確かです。

お礼メールの書き方のポイントについて

ただ単に送れば良いというわけではなく、書き方によってはマイナスの印象を与えてしまうことにもなりかねないので、気をつけなくてはなりません。言葉遣いに気をつけるのはもちろんのこと、件名をわかりやすくすることで、何のメールかを即座に理解してもらうことができるので、読んでもらうことができます。内容はシンプルで読みやすくすることと忘れないようにしましょう。面接官や担当者となれば、一日に何通もメールを受信していることも珍しくはないので、あまり長々とした内容になると読む気持ちが失せてしまい、見てもらえないこともあるので気をつけましょう。

気をつけておくべきポイントについて

送る際には面接を受けてからできる限り早いタイミングで送るように心がけておく必要があります。どんなに丁寧な内容でも、遅くなると誰からの連絡なのかわからなくなってしまうことにもなりかねないので気をつけなくてはなりません。もちろん、絵文字を使うことはマナー違反というのは当然のことであり、できればスマートフォンではなくパソコンから送るようにしておきましょう。スマートフォンからとなれば、改行のバランスがおかしくなったりと何かとリスクが高くなるので、パソコンからすぐに送ることを心がけておくことが必須となります。

まとめ

タクシードライバーとなれば、運転技術だけではなく他人とのコミュニケーション能力の高さが求められることになります。お礼のメールを送ることで気持ちが伝わるだけではなく、相手の気持ちを考えられるという印象を与えることができます。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。