タクシードライバー面接に必要な一般常識とは?

タクシードライバー面接に必要な一般常識とは?

タクシードライバーとして働きたいというのなら、うまく面接を突破していくことが必要となります。そこでスムーズに突破していくためにも重要となる一般常識を理解して、問題なくクリアしていかれるといいかもしれません。

運転の基本を把握しておきましょう

タクシードライバーの面接を受けるのであれば、一般常識として運転に関する知識をしっかりと理解しておくことが必要になります。例えば、自動車教習や学校で勉強した内容を確実に覚えておくことが重要です。もしも自分の間違った運転の考えを話してしまうと、相手に不安を覚えさせてしまいますし、仕事を任せても大丈夫なのか疑問に思わせてしまいます。法的には大丈夫な内容でも、モラルやマナーを守った運転が必要になるのがタクシーですので、今現在の自分の運転知識と技術を再確認していき、危なさそうな部分を改善しておかれるといいかもしれません。

コミュニケーション能力が問われることもあります

タクシードライバーという仕事は黙々と運転をして利用者を目的地まで送り届けるだけだとイメージしている方もいらっしゃるかと思われます。確かにメインの仕事はその流れとなりますが、仕事の中ではコミュニケーション能力が必要になる場面がたくさんあります。例えば受け答えであったり、日常会話をする機会もあるため、面接時にその部分をチェックされることもあります。無表情よりも笑顔であったり、小さい声にしないことなど考えていくべきことは複数あります。意識することで簡単に改善できますので、自問自答をしてみられるといいかもしれません。

地理を理解しておくことが評価を変えます

タクシーの運転をするのであれば、渋滞を避けたり効率のよい動きをすることが大切ですし、機転を利かせて短時間で移動することも大切になります。そして、タクシー会社はそのような人材を求めていることが多いため、面接を受けるというのなら一般常識として地理に関して詳しくなっておきましょう。例えば職場付近のことを把握しておくことはもちろん、周辺の駅付近の交通状況を調べておきましょう。場合によっては地理に関する質問をされることもあり、素早く答える必要がある場合もあるため、地図などを活用して準備しておかれるといいのではないでしょうか。

まとめ

タクシードライバーの一般常識として必要なのが運転知識やコミュニケーション、地理情報です。これらを事前に勉強しておくことで、面接を軽々とクリアできる可能性もあるため、今からできることを行動していかれるといいかもしれません。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。