タクシードライバー面接に腕時計は必要?

タクシードライバー面接に腕時計は必要?

タクシードライバー面接には腕時計は必要ない、スマートフォンで十分というのは誤りです。誰もが携帯電話やスマートフォンを持つ時代ですし、いつも時間管理はそれらのアイテムでしていたとしても、それを仕事に就くためのファーストステップでは使わないようにします。

団塊世代からビジネスマナーを叩き込まれた世代

タクシードライバー面接には時間通りに行くとしても、基本的に腕時計は必要です。スマートフォンがいつも時計代わりという人も多いですし、その感覚で当日も時間を確認するために携帯をチェックするかもしれませんが、この日ばかりはその行動は控えます。会社側で人を採用するために面接官として当日対応をしてくれる世代は、年齢的に40代から50代の人たちであり、団塊世代に社会人としての在り方を学んだ世代です。時間管理にはかなり厳しいのは基本として、時間管理は腕時計の世代でもあります。スマートフォンを時計代わりにしていることを嫌う人も多い世代なので、腕にはきちんと時計があるにこしたことはありません。

面接時の試験など緊急事態に備えても

タクシードライバー面接では様々な質問だけではなく、あいまに一般常識に関わるプチテストが始まることもあります。運転が上手にできるかも大事ですが、タクシーは乗客とのコミュニケーション能力を試される仕事でもあり、社会人常識無くしてできる仕事ではありません。突然の筆記試験が開始したら終了時刻が気になりますから、時間確認のためにも腕時計は必要です。試験開始になって焦って時間を確認しようとして、いつもの癖であってもスマートフォンを使ってはいけません。腕には時計というのは今の時代の常識では絶対ではないことのようになってはいるものの、面接時の緊急事態には腕時計の準備が必要です。

手首にフィットしたシンプルなタイプを

タクシードライバー面接に気を付けたいことの一つが時計であり、目立ちすぎる腕時計は控えます。サイズが小さくてもキラキラしていたり、ゴールドが目にうるさいタイプや、スポーツ系のウォッチも目立つのでNGです。面接の際には社会人常識を持っていることが前提ですから、腕にしている時計の悪目立ちはそのまま印象を下げることになります。だからといって当日は腕には時計をしなくてよいわけではなく、清楚な印象を与える腕時計で勝負です。シンプルな盤面に腕にもぴったりと合っているサイズ、違和感のない見た目であること、つまり目立たないシンプルなタイプなので、こうしたものなら印象が上がります。

まとめ

タクシードライバー面接には腕時計は必要であり、目立たずシンプルなデザインを選ぶことです。キラキラ系やスポーツウォッチ系などは派手な印象を与えてしまい、その人の印象も下げやすいので、シンプルで清楚な腕時計をしていきます。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。