タクシードライバー面接に落ちる人の特徴とは?

タクシードライバー面接に落ちる人の特徴とは?

タクシードライバーの世界は求人数も多い事から応募をすれば必ず採用されるだろうという考えは甘いと言えます。何度面接を受けたとしても、面接の時点て落ちる人には特徴がありますので、油断しないようにしましょう。

面接時には時間厳守で行くようにする

面接をしてもらえる事になれば時間を指定されますので、その時間に合わせていくようにしなくてはなりません。遅刻をするのは厳禁ですし、だからと言って早すぎるのも迷惑をかける事になりますので、10分前程度を目指していくようにするといいでしょう。時間が守れない人は社会人としてのルールを守れない人と判断される事になりますので、必ず時間厳守で行くようにしなくてはなりません。面接会場への道のりが不安なのであれば、事前に一度道のりを確認して行ってみておけば、当日迷って遅刻をしてしまう事もないですので、遅刻の原因を作らないようにしましょう。

接客業という事を忘れずに身だしなみを整える

タクシードライバーとして働くという事は、接客業をして働く事になりますので、身だしなみを整えられない人は面接で落ちる人ことになります。髪型が整っていなかったり、スーツにしわがあるような人は清潔感があるとは言えませんので、不採用になることが多いでしょう。普段から身だしなみに気を配れていない人は、靴が汚れていたり、髭の剃り残しがあったりしますので、気をつけるようにしなくてはなりません。清潔感を出すためにも、全身がうつる鏡の前に立ってみてチェックするようにしてみると、自分では気にしていなかった部分に気づける事もあります。

面接時も丁寧な言葉遣いを心がける

親しみやすいタクシードライバーはお客様から人気がありますが、いくら親しみやすくしたいとはいっても、言葉遣いには気をつけなくてはなりません。親しみやすさを出すために、所々ため口を使ってしまうのは印象がよくありませんので、注意したい部分です。親しみやすいと馴れ馴れしいをはき違えていると、相手との距離感を間違える事になりますのでトラブルの元になるからです。タクシー会社側としてもお客様とのトラブルは避けたいですので、トラブルを起こさないような人を採用する為にも言葉遣いが正しく使えるかを判断されるため、面接で落ちる人にならないようにしましょう。

まとめ

会社にとって採用する価値のない人は面接の時点で落とされてしまうので、身だしなみや言葉遣いには気をつけなくてはなりません。清潔感を出せるように身だしなみを整え、正しい言葉遣いで面接に挑むようにしていくといいでしょう。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。