タクシードライバー面接時に好印象を与える髪型とは?

タクシードライバー面接時に好印象を与える髪型とは?

男性が多いタクシー業界のタクシードライバーの面接時には、男性の髪型は短髪が基本です。ロングの髪型はだらしない不潔なイメージを抱かせますし、茶髪は軽い感じなので髪の色は黒にすること、清潔感を与えるようにします。

男性はクールショートやビジネスショートで

タクシードライバー面接時に好印象を与える髪形として、男性は前髪を短髪にすることです。学生時代であれば前髪が長いことがおしゃれな感覚であっても、社会人として働くときに長い前髪はだらしない印象になります。清潔感を高めて見せるためにも男性は前髪は短くすること、耳も出した方が良いためサイドの髪の毛も短くカットすることです。印象をフレッシュにするためには、襟足の髪の毛も短くします。不潔な印象を与えてしまうのは長い髪の毛であり、軽薄なイメージを与えてしまうのは茶髪です。前髪が長いままの男性の印象は、消極的で暗いイメージですから髪は短くさっぱりとさせておきます。

女性はショーとかロングかでも対処の違いがある

タクシードライバー面接時に好印象を与える女性の髪形は、髪の毛の長さによっても違います。女子ドライバーも増えているタクシー業界ですから、女性も当日はできるだけ良い印象を与えたいと見た目の努力をすることを怠りません。ショートヘアだったら耳とおでこは出すようにして、前髪が長いなら斜めに流して黒いヘアピンでとめます。ミディアムヘアの人もおでこは出して、耳を出すようにしたり髪をまとめるなどして、清潔感を出すのが大事です。ロングヘアの女性は髪の毛をきちんとまとめること、黒いヘアゴムでとめて髪の毛がだらしなくないようにしていきます。

おでこや耳は見えるようにして明るい笑顔を見せること

タクシードライバーになるには面接を通過する必要がありますので、好印象を与える髪形として、清潔感は男女ともに共通です。なぜそこまで見た目を重視するかですが、タクシー運転手は乗客を乗せて車を運転しますが、狭い空間での接客業であり、服装や髪形もそのタクシー会社の看板になります。見た目がとても重要な世界ですから、ヘアスタイルも服装も普段からきちんとする必要がありますし、好印象につながる要素です。できるだけナチュラルな日本人の黒い髪の毛で面接には挑むこと、おでこや耳は見せるようにして明るい笑顔がわかるヘアスタイルにします。

まとめ

タクシードライバー面接時に好印象を与える髪形として、フレッシュさと清潔感を意識することです。年齢は関係のないのがタクシードライバーの世界ですが、見た目はとても重視されるので、身なりを整えること、髪形も清潔感重視で対処をします。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。