タクシードライバー面接は緊張する!?リラックスをする方法とは

タクシードライバー面接は緊張する!?リラックスをする方法とは

タクシードライバーになるには面接は第一関門であり、ツボ押しなどで緊張を和ませます。心が高ぶっている自分をまずは認めたうえで、大丈夫と言いきかせたら、軽く背筋を伸ばしたり足を運動させて緊張をほぐすことです。

身体を軽く動かしたりおまじないをしたり

タクシードライバーの面接では緊張をするため、自分におまじないをかけるのも一案です。人間は魔法を使えるわけではないですが、思い込みの力はなかなか効果を発揮します。手のひらにもう片方の手の指で人という文字をなぞり、そのまま飲み込むのはよくある手段です。大切なのは全身を適度に使うこと、頭の上に手を伸ばすなど体を軽く動かします。会場内に入る前に軽く前進を動かすこと、すると体内の血流が良くなるので、心も落ち着きやすいです。周囲の人の視線が気になるときには、足先だけを軽く動かす体操をするだけでもリラックスにつながるため、エコノミー症候群予防の体操も有効な手段になります。

その場の自分を認めてツボをプッシュ

タクシードライバーの面接時には少しでもリラックスできるように、緊張をしていることをまずは認めます。その場限りの良い自分を取り繕って見せようとはしないこと、自然体で礼儀正しく笑顔をもって臨むようにすることです。意外と心のこわばりも解消をしてくれるのは、大丈夫という自分への言い聞かせなので、うまくいくと暗示をかけてしまいます。手首のところには神門のツボがありますので、もう片方の指で指圧をしてみると、高ぶった心が穏やかになりやすいです。心のドキドキ感を和らげるには、労宮のツボを5秒間プッシュしては離してみるのを、だいたい5回くらいやってみます。

ホットドリンクで心までほっこりと

タクシードライバーになるために面接はパスしないといけませんので、 緊張対策のリラックス法として、ホットドリンクを飲むことです。間違えても冷たいドリンクを飲んでスカッとしようとは思わないこと、心のドキドキ感を穏やかにして余裕を持たせるには、温かい飲み物だからこそ効果を発揮します。あらゆる効能が期待できるハーブティーも良いですし、スイートなココアなどを選んでも構いません。レモンバームやラベンダーなどのハーブは、心の乱れを整えてくれるリラックス効果も抜群です。大量に飲むとトイレが近くなるので、開始前に少し飲んで心を穏やかにさせます。前日や開始前にもやっておきたいのは、緊張をしない秘訣にもなる、イメージトレーニングです。

まとめ

大丈夫と思っていてもタクシードライバー面接には緊張がつきものですから、心を和ませる対処法を用意しておきます。体が冷えたままだとスムーズな動きや言葉にもなりにくいので、事前に温かい飲み物を飲む余裕を持つことです。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。