タクシードライバー面接に業界知識は聞かれる?

タクシードライバー面接に業界知識は聞かれる?

タクシードライバーも、面接の時は業界知識があるかどうか聞かれることがほとんどです。即戦力を求める会社も多いので、その声に答えられるようにしておきましょう。もちろん、未経験者でも受け入れてくれる可能性はあります。

経験者の方がやはり優遇してもらえる

面接に向かおうとしているタクシードライバーは、転職を成功させるためにも、面接に向けて対策をすることが大切だといえます。ハローワークあたりで相談に乗ってもらっても良いですし、特定のエージェントからカウンセリング受けるのも悪くない判断です。もちろん経験者が優遇される傾向にあるので、今まで培ってきた業界知識などをしっかりとアピールすることが重要となります。特に東京の有名な大手4社で働くと言うのであればなおのこと、会社に大きく貢献できると言うことを伝えて、実力者であると言う事実を理解してもらうことが大切です。

初心者も受け入れてもらえる会社が存在する

ただ、タクシードライバーの業界は、高年齢化が進んでいると言うこともあり、若手なら未経験でも入れる可能性はあるといえます。若手といっても、業務を遂行する上で第二種免許は必須となっているので、そのことを頭の中に入れておきたいところです。ただ、福利厚生がしっかりとしている大きな会社であれば、第二種免許に必要なお金なども用意してくれます。なので、そこはあまり気にすることもないでしょう。業界知識など全くないからといってあきらめず、受け入れてくれる会社をしっかりと探せば見つかるので、チャレンジしてみるのが1番です。

接客業だからこそ人格が求められる

タクシードライバーは、確かに効率よく顧客を集めて、ノルマを達成する実力も求められます。ただ、大前提として接客業であるということだけは忘れてはいけない部分だと言えるでしょう。特にタクシーの大手企業は教育が厳しい傾向にあるため、ホテルマン顔負けの接客業を求められることもあります。ただ、だからこそ大きなやりがいのある業界とも捉えられるはずです。業界知識として、地理的なものが求められますが、それは地理試験を突破することによって得られます。割と難易度の高い試験ですが、会社によっては必須の試験の場合もあるので、しっかりと勉強して取得しておいた方が良いでしょう。地理的な知識がなければさすがに話にならないので、タクシードライバーとしてやっていくためにも、試験に合格する価値はあります。

まとめ

タクシードライバーの面接で失敗したくないなら、知識があり、人格者でもあるというのを見せる必要性があります。どちらかと言うと、経験がなくても人格者であれば雇ってもらえる傾向があるので、未経験者もとりあえず面接にチャレンジしてみるのがオススメです。特に若手には、大きなチャンスがあるでしょう。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。