こんな志望動機を言うと好印象になる?タクシードライバーの面接試験

こんな志望動機を言うと好印象になる?タクシードライバーの面接試験

タクシードライバーとして採用されるために避けて通ることができないのが面接であり、その際に身だしなみや言葉使いと同じくらい重要なポイントとして見られているのが、志望動機は一体どんなものかという点になってきます。

会社側にも利益のある動機にしておくことは必須

タクシードライバーに限ったことではありませんが、応募する側の志望動機となるのは、いかに条件がよく自分にとって良い内容の働き先かという点ではないでしょうか。当然面接官もそのことは理解していますが、それをそのまま伝えても好印象を与えることにはならず、採用は遠ざかってしまいます。他人とのコミュニケーションをとるのが好きという理由や、自動車の運転が好きで体力にも自信があるなど、雇った側としても稼いでもらうことができ、会社の評判も高めてくれそうな人材だと思わせることができる志望動機にしておくことが大切になってきます。

頑張った分だけ稼ぎたいというの好印象な志望動機

タクシードライバーは頑張れば頑張った分だけ、成績や結果として自分の給与に反映される職業の一つであらら、やりがいもある仕事内容でモチベーションもキープすることができます。稼ぎたいという理由はマイナスになるのではないかと考えてしまいがちですが、タクシードライバーは頑張ることで会社に貢献することに繋がる職業の一つであり、稼ぎたいという理由も良いといえます。稼ぎたいという意欲がある人を雇うことにより、会社側にとっても儲けに繋がるので、頑張りたいと考えている意欲的な人を採用するのは当然なことではないでしょうか。

人と話をすることが好きという理由

人との会話が好きということも、好印象に繋がる志望動機の一つとなります。タクシードライバーはただ乗客を目的地に送り届けることが仕事というわけではなく、お客さんとのコミュニケーションが必須な職業と言えます。どんなに運転技術が優れていても、お客さんとのコミュニケーションがうまく取れない人は、会社の評判を落とすことにも繋がるので、コミュニケーション能力の高い人を求めるのは当たり前のことと言えます。その際に、人と関わったり会話することが好きという志望動機は大きな魅力につながります。もちろん面接時にもコミュニケーション能力の高さをアピールしておきましょう。

まとめ

志望の動機というのは最も頭を悩ませるポイントの一つとなりますが、志望動機により採用の有無に大きな影響を与えることにもなるので、よく考える必要があります。会社にとって利益のある人材ということをアピールしましょう。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像