タクシードライバー面接で聞かれること5つとは

タクシードライバー面接で聞かれること5つとは

タクシードライバーとして働こうと考えた時には、面接の対策や準備が必須となります。聞かれることは面接先による違いもありますが、基本的によく質問されることは何かを把握しておくべきであり、これらの5つの応えは準備しておきましょう。

面接で聞かれる基本の質問について

自己紹介は質問というわけではありませんが、必ず行うことなのでしっかり考えておく必要があります。タクシードライバーは一般的な職業とは異なる職業というイメージがありますが、長所や短所は何かということや志望動機についてなど、基本となる質問は一般的な職業と同様にされることになるので、しっかりと考えておく必要があります。タクシードライバーだからといって、これらの質問が面接で行われないということはまずないので長所や短所、そして志望動機という2つに関しては基本的に聞かれることとして考えておき、スムーズに応えられるようにしておきましょう。

タクシードライバーの面接ならではの質問

一般的な職業の面接ではあまり聞かれないことであり、タクシードライバーならではの質問となるのが、過去の事故歴や免許の点数です。タクシードライバーとなれば、お客さんの命を預かる責任のある職業なので、事故歴がある人が好まれないのは当然のことです。それと同時に、免停になる恐れがある人は業務に支障をきたすことになるので採用はしたくないと考えることから、大半で聞かれることになります。健康状態や薬の服用の有無の質問もタクシードライバーの面接ではよく行われる質問の1つとなっています。これらに関しては嘘をついてもバレてしまうので、事実を伝えましょう。

逆質問の内容も考えておく必要がある

タクシードライバーの面接に限ったことではありませんが、最後には逆質問はないかと問われることになります。逆質問はあらかじめ考えておくようにしないと、その場ではなかなか思い浮かばないことになります。もちろん、会社のホームページを見ればわかるような質問をするのはよくありません。それと同様に、給与や休日に関する質問もあまり好まれないということを頭に置いておくようにしましょう。興味と熱意を伝えるためにも逆質問をした方が好印象を与えることにつながりますが、質問内容によってはマイナスの印象になってしまうので気をつけなくてはなりません。

まとめ

面接ではどんな質問をされるのかということをしっかりと考えておき、好感を持たれる返答は何か吟味することが、採用への第一歩となります。一般的な質問からタクシードライバーならではの質問の返答まで考えておくようにしましょう。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。