タクシードライバー面接の結果が出るのって遅いのは本当?

タクシードライバー面接の結果が出るのって遅いのは本当?その理由とは

タクシードライバーとして働きたいと考えた時に避けて通ることができないものといえば、面接です。いざ面接を終えて一安心したのもつかの間、なかなか結果の連絡がこないと焦ってしまうのではないでしょうか。結果は採用の有無には関係がないということは頭に置いておきましょう。

タクシー会社の規模による違いもある

タクシードライバーの面接の結果の知らせは遅いというイメージを持っている人もいますが、一概に遅いばかりではないということは確かです。やむ終えない事情で遅いというケースもありますが、会社の規模による違いがあることも忘れてはいけません。規模の大きな会社は遅くなりがちな傾向にあります。支社での最終面接の場合であっても、本部や本社にまで書類を通すなどの手続きする必要があったり、最終的な判断を下す人までの連絡が遅くなったりすることも珍しくはないので、そのことから結果の連絡が遅くなってしまうことも珍しくはありません。

採用にするかを迷っている可能性もある

タクシードライバーとなれば接客業であり、ドライバー一人の対応によっては、その会社そのものの評判を落としてしまい、全体の売り上げを落としてしまうことにもつながりかねません。そのことから採用の有無はより慎重になるのは当然のことではないでしょうか。タクシードライバーは他人の命を預かる責任のある仕事ということから、安易に採用を決定するわけにはいかないので、慎重になるが故に面接結果の連絡も遅くなってしまうことがあります。しかし、遅くなっているからといって必ずしも不採用というわけではないので決めつけないようにしましょう。

応募人数やタイミングによる違いとは

転職や就職をする人が多い時期となれば、その分多くの人の中からより優れている人材を見つけなくてはならないので、その分結果報告が遅くなるのは当然のことと言えます。応募や面接の人数が多いと遅くなるのは当然のことではないでしょうか。応募したり面接を受けるタイミングを考えることにより、少しでも早く結果報告の連絡がくることにつながります。特に条件がよく人気の求人ともなれば、その分応募や面接者の数も増えることになるので、なかなか連絡がこないこともあります。あまりに遅い場合には、問い合わせてみるようにしましょう。

まとめ

タクシードライバーは結果報告が遅いというイメージがありますが、一概に遅いばかりではありません。しかし、あまり時間に余裕がない人にとっては遅く感じてしまうこともあります。時間には余裕を持って面接を受けるようにすることも大切です。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。