タクシードライバー面接がうまくいく?言葉遣いが知りたい

タクシードライバー面接がうまくいく?言葉遣いが知りたい

現在の日本には数々の職業がありますが、その中の一つにタクシードライバーがあります。いざ働きたいと思った時に避けて通ることができないものといえば面接であり、採用の有無が決まる重要なシーンとなることは間違いありません。

第一印象はかなり重要なポイント

タクシードライバーに限ったことではありませんが、面接時には第一印象が重要なポイントとなってきます。身だしなみはもちろんですが、まずは挨拶で印象が決まるということも頭に置いておかなくてはなりません。タクシードライバーはお客さんと接することが必須となるサービス業の一つということもあり、挨拶や話し方をはじめとした言葉遣いにも十分気をつけなくてはなりません。運転の技術がいくら優れている人でも、コミュニケーションをとることが下手では、サービス業の一つであるタクシードライバーには向いていないと判断されてしまいます。

大きな声でハキハキ目を見て話す

面接では言葉遣いを丁寧にするというのはもちろんのこと、大きな声で聞き取りやすく話すことも大切になってきます。タクシーのお客さんの中には高齢者も多くなっており、大きな声でハキハキと話さないと聞き取ることができないという人も珍しくはありません。コミュニケーションをしっかり取れるのかということはかなり重要なポイントと言えるのではないでしょうか。採用担当者は数多くの人の面接をしてきているということもあり、嘘をついたり適当に話を合わせていてもすぐにバレてしまいます。わからないことを無理して知ったかぶりをするのではなく、言葉遣いに重点を置くべきです。

丁寧な言葉遣いは必須となってくる

タクシードライバーは接客業ということもあり、どんな乗客にも適切に対応する必要があるということは確かです。人により態度を変える人は、採用にはなりません。言葉使いは一番重要視されているということを意識して面接に臨むようにしましょう。中にはわざとフランクに話してきて、その時の反応を見る採用担当者もいます。フランクな話し方につられてしまって、自分もフランクに話してはいけません。正しい日本語を話すようにすることが採用への第一歩へとなります。近年では間違った日本語が多いので、改めて学び直すことも大切になります。

まとめ

タクシードライバーは接客業であり、運転技術があるだけでは採用にはならない職業だということは忘れてはいけません。言葉遣い一つで、人に与える印象には大きな差が生まれることになり、採用の有無にも大きく影響を及ぼします。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。