タクシードライバー面接では性格が重視される?

タクシードライバー面接では性格が重視される?

タクシードライバーとして働くなら、転職先の面接の対策をしておくことが大事だといえます。技術力よりも性格が求められる傾向があるため、こちらが人格者であると言うことをしっかりとアピールし、その上でチャレンジしてみると良いでしょう。

まずは人格者であると言うことをきちんと見せる

タクシードライバーは、大前提として接客業です。なので、性格が良いかどうかが見られるということを覚えておきましょう。確かに面接ではこちらの技術力や経験などをアピールすることも大事ですが、接客応対のセンスがあるかがポイントになるので、素直に自分の長所などをアピールすることが大事です。未経験者としてチャレンジすると言うのであればなおのこと、運転のテクニックやセンスがあるかどうかなどよりも、素直な性格で、真面目な性格かどうかの方が重視されます。なので、面接そのものの対策をして小細工をすると言うよりは、やる気を見せると言う部分に関して、こだわりを持った方が良いでしょう。熱意を持って接すれば、面接官に伝わるはずです。

大手の会社によっては経験が求められるので注意

ただ、東京の大手の会社の場合、キャリアが求められるケースもあるということを覚えておきたいところです。ハイレベルな職場で働きたいと言うなら、当然と言えば当然だといえます。もちろん、技術に加えて性格が良ければ尚良いはずですし、技術が良くても、性格が悪ければ面接を落とされてしまう可能性はあるはずです。とにかく人格がメインになってくるので、タクシードライバーとして成功したいと感じているなら、必ずここには目を向けておくようにしましょう。ハローワークなどに足を運び、面接に向けての対策を行っても、同じようなことを言われるはずです。

あらかじめ勉強しておく事はいろいろある

例えば、タクシードライバーは普通免許第二種が必要となるので、前もって取得しておくとそれだけで有利になります。また、地理的な知識は絶対に必要になる職業ということで、地理試験などを突破したことがあると言うのなら、それだけでも大きなアピール材料になるはずです。性格が素晴らしいかどうかだけに焦点を当てるのも、少々バランスが悪いといえます。こちらのアピール材料を増やし、少しでも採用確率を高めるなら、前もって勉強し、取得しておくべき免許や知識などは、理解しておいた方が良いでしょう。稼ぐためのノウハウなどは、働いてからでも身に付けることが可能です。

まとめ

タクシードライバーとして働くなら、接客業なので技術力よりも性格が求められることが多いです。ただ、どちらかに偏っても、不採用になる事はあります。技術力と人格のバランスが大事と言うことになるでしょう。そのことを踏まえて、面接にチャレンジしておきたいところです。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。