タクシードライバー面接で聞かれる長所、どんな風に答えればいい?

タクシードライバー面接で聞かれる長所、どんな風に答えればいい?

タクシードライバーとして働くためには、面接は必要不可欠となります。質問の一つであり定番のものといえば、自分の長所は何かという質問です。採用を左右する重要なポイントとなってくることは確かであり、よく考える必要があります。

好印象を与えることができる長所とは

自分自身の良いところを自分で発言するのは、恥ずかしいと考えてしまいがちですが、面接官は自分の良いところを知らないので、アピールできる絶好の機会を逃さないようにしましょう。タクシードライバーはお客さんの命を預かる責任のある仕事であり、真面目であり時間を守るという長所は好印象でタクシードライバーとして向いていると思ってもらえる要素になります。タクシードライバーはただ運転をする仕事ではなく、接客業ということも関係してくる長所となるのは、人と会話したり接することが好きで誰とも仲良くなれるというようなものではないでしょうか。

語学力の高さもこれからの時代は大きな強み

タクシーには海外からの観光客も多く利用するということもあり、近年では英会話ができるかどうかがかなり重要なポイントと考えているタクシー会社も少なくは無くなりました。必ずしも英会話ができなければ採用にはならないというわけではありませんが、英会話ができるということはかなり大きな強みとなるので、長所としてアピールするにはもってこいと言えます。英会話ができない場合でも、笑顔で接することができて意思疎通ができるコミュニケーション能力の高さがあれば、クリアできることも多いので、積極性がある人が好まれることになります。

内容だけではなく伝え方も大切なポイント

どんな長所を伝えれば好感を持ってもらえて、採用に近づくのかということを悩むのは当然のことですが、それ以外でも伝え方にも注目しておく必要があります。同じ意味合いでも答え方により印象が変わるので、良い言い回しをするように心がけておきましょう。時には自分では短所だと考えていた部分が長所として捉えてもらえるということもあるので、長所と短所をしっかり見直しましょう。もちろん面接時には、履歴書の内容と全く異なる返答をしてはいけないので、面接前には再度履歴書を見返しておき、自分が何を書いたのかを改めて把握しておきましょう。

まとめ

自分自身の長所はなかなか思い浮かばなかったり、伝えにくいと考えてしまいがちですが、長所は自分をアピールをする上で必要不可欠であり自信を持って会社側の利益につながる返答をするようにしておくことが、採用への近道です。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。