どんなことを質問される?タクシードライバー面接の内容

どんなことを質問される?タクシードライバー面接の内容

転職先としてタクシー会社を選ぶならば、面接で採用の有無が決まります。言葉に詰まることがないように事前に、必ず質問される内容にはチェックを入れておきます。また、ドライバーとしての心構えなども必要となるなど、お客を乗せるお仕事である点を念頭に入れておくことも大切です。

安全な運転ができる人物なのかをチェック

タクシー会社でも、一般企業同様、転職する際の面接内容に変わりはありません。面接官による当たり前の質疑応答になるので、事前に会社の下調べをし、数多い会社からなぜ選んだのか、特徴や業務、給与形態なども把握し、答えられるようにしておきます。ですが、タクシードライバーとして働くために、担当者からの質問には安全・安心できる内容も含まれます。例えば、過去に運転をしていて、事故歴や違反歴の有無も確認されます。もちろん、職務履歴書や運転免許証などにも情報は明記されていますが、タクシーは乗客の命を預かる仕事です。面接官は、安全な運転ができるかという点に着目しています。責務、こうした要素も踏まえて、日頃の運転事情を聞いてくることもあります。

健康のことについてもチェックが及ぶ

質問内容には、これまで大きな病気をしたり、今飲んでいる薬の有無、さらに体調に不安はないか、こうした健康面にも及びます。もちろん、面接後に健康診断を受けますが、面接時にも口頭で健康状態をチェックされる場合も少なくはありません。タクシードライバーは乗客に配慮しなければならず、急な体調不良で事故を起こさないことは大前提です。健康状態に関して厳しい面があるのは当然ですが、既往歴でも完治している場合、内定というケースもあり、その旨も正しく伝えることは大事です。もちろん、自己管理ができるアピールにもなり、周りに活力を与えるほど元気が取り柄、なども好印象に繋がります。

転職してもやる気があることをアピールする

記事のイメージ画像

転職理由、これは必ず聞かれることですが、自分から辞めてしまった場合、正直に話すことも大切です。もちろん、答えに対するフォローは必要で、タクシードライバーの仕事に対する熱意ややる気をアピールします。例えば、接客業が好きでコミュニケーションを取るのが得意である点、自分次第で結果に繋がり、やりがいのある仕事である点、この業界に骨をうずめたいという熱意などは、面接官に伝わる回答です。またタクシー業界ならではの質問となるのが、退屈な仕事はどう思いますかという内容です。模範回答としては、そういった業務の積み重ねが基礎を磨くことにも繋がる考えであったり、人を乗せる大切な仕事を全面的にアピールし、緊張感を持って仕事に当たりたいなどと言う回答が的を射ています。

まとめ

面接官の質問内容は一般企業とは変わらず、やる気や会社に必要となる人材であるのかを図る内容です。嘘や偽りはボロが出るため健康面や転職理由は正直に話すことが大事で、その上で自己アピールすることがポイントです。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。

比較ページへのリンク画像