タクシードライバー面接、不採用になる人の特徴

タクシードライバー面接、不採用になる人の特徴とは

面接での態度やマナーはきちんと担当者から見られています。採用されるように臨むためには、サービス業であることを熟知し自分をアピールするよりも、乗務員となる適した人物であるのか、こうした点が求められるため、特徴を理解して対策すべきです。

適した人物であるのかをチェックされている

面接官は、タクシードライバーとして適しているのか、利用客に対して安全保障を謳う必要からも、面接では身だしなみ、言葉遣い以外にも着目しています。例えば、答えに窮する質問を投じることがあります。タクシードライバーとなれば、多種多様な人種を乗せるため、機転を利かせることが必要です。そのため、ハッキリとした口調で答えられなければ不採用となりがちで、ネガティブな返答は避けるべきです。転職においても同様、前職の辞めた理由など、話しにくいことでも前向きに返すことが大事です。加えて、サービス業にあたるタクシードライバーには、常に冷静、低姿勢も求められます。不採用となる人の特徴は、その反対と伺い知れます。

運転に関してデメリットは採用率が下がる

面接時には、タクシードライバーとしての適性も重要視でき、長くこの業界で活躍してくれるのか、ルールやモラルも問われます。ドライバーの運転履歴によっては不採用となりがちで、例えば、事故歴や交通違反歴はタクシー会社が最も重要視しています。衝突や人身事故、違反、過去5年から10年以内、飲酒運転やスピード違反、駐車違反などがある場合には採用率は低いものです。もちろん、運転という意味では、あまりにも低い学力や能力もデメリットになりがちです。一般の運転免許は、期日までならば何度も試験を受けることができます。タクシードライバーになるには、難関となるタクシー地理試験を受けることが必要です。タクシー会社でも、研修や試験対策で合格のためのサポートを担いますが、受験者は本人なので頭脳明晰、学力、記憶力は必要です。

健康のバロメーターにもチェックが入る

面接で、不採用となる人の特徴の1つは向き不向きですが、タクシードライバーがかかりやすい職業病、これに該当する場合、内定が取り消されることもあります。タクシードライバーは座りっぱなしの業務で、腰のトラブルは少なくありません。運動不足からの肥満、心臓病や脳血管疾患などの生活習慣病を抱えている方には厳しい現実が待っています。お客ありきの仕事、命を預かるために、万が一にも事故に繋がるリスクは避けたいものです。生活時間が不規則なため、健康管理ができる人物が求められます。もちろん、依存性のある内容には厳しいチェックが入りがちで、アルコールやヘビースモーカー、薬物依存なども不採用になる人の特徴です。

まとめ

タクシードライバーとして働きたい希望を持ち、面接に臨むにしても、身だしなみや言葉遣い印象を悪くさせない内容もチェックされています。またドライバーとしての素質があるのか、運転に関する内容も採用の合否に繋がっています。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。