タクシードライバー面接に欠かせない職務経歴書の書き方

タクシードライバー面接に欠かせない職務経歴書の書き方

タクシードライバーとして転職する時の職務経歴書を書く時は、3つの点を意識するのが望ましいです。自分が得意な事と、タクシードライバーに役立つと見込まれる経験のアピールです。それと分かりやすさも心がける必要があります。

自分の得意な点を経歴書に盛り込む

タクシードライバーの担当者としては、転職を希望している人物が、現場で活躍してくれるかどうかを見極めています。もちろん即戦力になる人材が望ましい訳ですが、会社に応募している人物は、何ができるかを見極めたいと望んでいます。ところで会社の面接では、長所や短所をアピールして欲しいと言われる事も多いです。前者の長所は、特に大切なポイントになります。どういう長所があるかが分かれば、人物像も把握しやすくなるからです。このため職務経歴書には、その長所を盛り込む必要があります。自分は何が得意なのかを経歴書に盛り込みますと、人事担当者も人物像を把握しやすくなります。ただし自己分析をしていないと、長所や短所を上手く表現できない事も多いです。ですから職務経歴書を書く前に、まず分析しておく必要があります。

接客経験などタクシー会社で役立つ経験をアピール

それと職務経歴書には、必ず職歴を書く事になります。今まで経験してきた仕事を、時系列で表現するのが一般的です。ところで面接では、人事担当者は職歴と自社の業務との関連性を見極めたいと望んでいます。例えばタクシードライバーには、接客要素があります。色々な乗客と接していく事になるので、ほぼ毎日接客する訳です。ですからタクシー会社に応募する数年前に、どこかのお店で接客していた事があるとします。その場合、経歴書に接客経験を盛り込んでみるのは有効です。接客経験があるなら、タクシーの運転手としても即戦力で活躍できると見込まれるからです。ですから接客スキルをアピールするのは、有効です。それと地理の詳しさです。移動効率も求められる仕事なので、地理に詳しい点をアピールしてみると、即戦力だと判断される事もあります。

端的に分かりやすく書くようにする

ところで職務経歴書は、もちろん履歴書とは異なります。後者の書類と違って、比較的自由に表現できるのが特徴的です。フォーマットも、特に決まっていません。自由に書けるので、経歴書を長々と書いてしまう方々も多いです。ですが人事担当者からすると、あまり長い表現方法はマイナスポイントになってしまいます。多くの内容を盛り込みすぎてしまいますと、全体として何を表現したいか分かりづらくなるからです。タクシー会社の人事担当者としては、分かりやすく書類を書けるかどうかも、選考しています。分かりづらい書類では、不採用率が高まってしまいます。このため経歴書は、端的な書き方にする方が望ましい事も多いです。簡潔な方が、全体として何を伝えたいかも分かりやすいからです。

まとめ

ですからタクシードライバーの職務経歴書を書く時は、自分の長所と過去の経験と、分かりやすい書き方を心がけるのが望ましいです。即戦力として活躍できる人材という印象を与えられれば、面接での採用率も高まる傾向があります。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。