タクシードライバー面接の内容について

タクシードライバー面接の内容について

タクシードライバーとして働くためには、面接を受けて内定をもらう必要がありますが、一般的な職業とは異なるイメージがあるため、面接内容がわからず不安という人も多いです。しっかりと面接対策と準備をしておくことが必須となります。

基本的には一般的な会社の面接と差はない

タクシードライバーと言うと特殊な職業というイメージがありますが、面接の内容に関しては基本的には一般的な会社との違いはありません。基本的な質問内容にも差はないので、自己紹介や自己PR、自分の長所や短所、そして志望動機といった基本となる質問はされると言うことを頭に置いておき、返答を準備しておくようにしましょう。ビジネスマナーを守ることを基本として考えておけば、それほど大きなミスをする心配もないので、大きなマイナスポイントとなってしまうこともなく、面接の内容として失敗してしまうことにもならないので安心できます。

過去の事故歴は注目されるポイントとなる

タクシードライバーとなれば、お客さんの命を預かる重大な責任のある仕事であり、一般的な面接時とは大きく異なる質問となるのが、過去の事故歴の有無ではないでしょうか。過去に事故を起こしているとなると、大きなマイナスポイントとなってしまうことは確かです。しかし、事故歴は調べられたらわかってしまうことなので、嘘はつかないように気をつけるようにしましょう。本来ならば問題はないレベルのものでも、嘘をついたと言うことが理由になり落とされてしまうこともあります。違反歴だけではなく、免許の点数も注目されているポイントの一つです。

病気や薬の服用についても聞かれる

タクシー会社では、面接の後に必ず健康診断を受け、その後に内定という形になりますが、面接時にも健康状態を口頭やアンケートでチェックされることも珍しくはありません。タクシーはお客さんを乗せることになるので、健康状態に関しては一般の会社よりも厳しいチェックポイントの一つとなっていることは確かです。嘘をついても後々の健康診断でバレてしまうことになるので、病気や薬の服用に関して嘘はつかないように気をつけましょう。既往歴がある場合でも、すでに完治しているとなれば内定となることも珍しくはないので、嘘はつかないことが大切です。

まとめ

タクシードライバーといっても基本は一般の会社と同じ面接内容ということは確かです。事故歴や病気の有無、薬の服用に関する質問もされることが大半ですが、嘘はつかないように心がけておくようにし、マナーを守ることが大切です。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。