タクシードライバー面接に事故歴は影響する?

タクシードライバー面接に事故歴は影響する?

タクシードライバーとして働きたいと考えている人にとっては、事故歴が採用の有無に影響するのかで悩むのではないでしょうか。しかし事故歴があっても絶対に採用されないというわけではないということは確かと言えます。

必ずしも影響するというわけではない

タクシードライバーとなれば、他人の命を預かる責任のある職業ということもあり、万が一交通事故などのトラブルを起こしてしまうと、ドライバーだけではなく会社そのものの評判を落としてしまうのはもちろんのこと、運営にも影響を与えることになります。そのことから、事故惹起運転者に該当するかの確認が行われ、該当する場合には特別な指導が必要となってきます。運転記録証明書の対象期間には数種類がありますが、一般的には過去五年分を記載したものを取り寄せるのが一般的になっているので、五年よりも前に起こしたものに関しては影響しないことも多いです。

影響するのは一体どんな場合なのか

大したトラブルではない場合でも、一年以内の累積点数によって、あと一回の軽微な違反でも免停となってしまう恐れもあります。そうなれば、タクシードライバーとして働き始めても、免停により乗務できなくなるのではないかというリスクが常につきまとうことになります。重大なトラブルではなくても、小さな積み重ねにより免停になる恐れがあるなどの判断をされた場合には、運転履歴によっては不採用になるということを頭に置いておくべきです。面接時に嘘をついてもバレることは確かであり、嘘をついたことにより本来ならば多めに見てもらえる内容にもかかわらず、不採用になることもあります。

事故歴がある時の対処方法について

事故歴があるとタクシードライバーとして働きたいと思い面接にチャレンジしたくても、無駄に終わると諦めてしまっている人もいるのではないでしょうか。しかし事故歴があっても、数年前のことでありその後無事故となれば、一度事故にあったことを教訓としていると判断してもらうことができるので、自己を一度も起こしたことがない人よりも安全に対して意識をしていると見てもらえることもあります。もちろん無事故に越したことはありませんが、事故歴があるからといってチャレンジする前から諦める必要はないということは、頭に置いておきましょう。

まとめ

タクシードライバーは安全運転が第一の職業という方は確かであり、無事故に越したことはありません。しかし、事故歴があるから絶対に不採用になるわけではないので、面接では事故を教訓にしていることをアピールすることが大切です。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。