タクシードライバーの面接はスーツと普段着

タクシードライバーの面接はスーツと普段着どっちがいい?

タクシードライバーの面接はスーツと普段着どちらにするべきかですが、基本はフォーマルです。普段着でお越しくださいとアナウンスがあったとしても、本当にカジュアルすぎるTシャツにショートパンツなどで行ってはいけません。

基本を押さえてシャツは白でネクタイは清潔感重視

タクシードライバーの面接には服装にも気を遣いますが、基本はビジネススーツの着用です。選ぶ色は濃いグレーやネイビーにチャコールグレーなど、もしくはブランクを選んでも構いません。柄入りは目立たないものですが基本は無地であること、ボタンは2つか3つボタンでズボンはシングルが定番、シャツは白が最も清潔感があってマストです。男性はネクタイにも気を配る必要があるので、派手すぎない種類を選びます。それでも迷いが生じるなら知的な印象を与える青にすること、エネルギッシュさをアピールするなら落ち着いたエンジ色です。

落ち着いた色で全体の統一感を出す

タクシードライバーの面接は普段着ではなくスーツの着用ですが、小物にまで気を配ることです。男性はベルトも必要ですが色は靴に合わせること、派手なバックルや白いベルトは目立つので、ビジネスでの利用は向いていません。深い紺色や黒系の濃い色の靴下を選ぶとスーツに合わせやすいですし、見えないと思って白ソックスと合わせると学生のようになるのでNGです。持ち物は気にしていないようでチェックをされているので、カバンはオーソドックスなものを選びます。靴下や靴の色に合わせてオーソドックスなものを選ぶことで、全体にまとまった印象に見えますし、清楚なイメージは好印象につながりやすいです。

ビジネスカジュアルで良い場合もある

タクシードライバーの面接時には普段着でお越しくださいと言われることがありますが、過度のカジュアルはNGです。会社側が指定をするくらいですからきっちりしたスーツで行くことはありませんが、だらしないラフすぎる恰好では品位を疑われます。なぜあえてカジュアル指定かは企業側の考えがあってのことですから、フォーマルが基本にあることを忘れてはいけません。普段着でとして胃があったときには、ビジネスカジュアルでまとめることです。男性はジャケットにパンツにシャツ、女子はジャケットにスカートやパンツにキレイめのシャツなどが、社会でいうビジネスカジュアルになります。

まとめ

タクシードライバーの面接は基本的にはスーツで出かけますが、普段着を指定されることも稀にあります。会社側が指定をするには何か考えがあってのことですが、サンダルやスニーカーに短パンにデニムなど、ビジネスにふさわしくない衣類ではなく、ビジネスカジュアルでまとめることです。

●タクシー会社に転職するなら【タクQ】入社祝い金支給!

【タクQ】タクシー無料転職支援サービス をご利用ください。